スキンケアについて

005938-smpl-png

 

毎日行っているのは、朝と夜の洗顔です。
朝は冷水とぬるま湯で洗顔しています。
起きた直後にフェイスタオルを濡らし、軽く絞って電子レンジで25秒温めます。温めたタオルを顔にのせて毛穴を開けた状態で最初にぬるま湯で洗顔。その後に冷水で毛穴を引き締める目的も込めて洗顔します。
洗顔した後は、化粧水で保湿を最初に行い、その後でオールインワンジェルで顔の乾燥を防ぎます。
夜の洗顔は、湯船に浸かり毛穴を広げた状態で洗顔料を使って洗顔します。
マナラホットクレンジングゲル黒ずみ対策では、ポカポカ温かくなって毛穴を広げてくれるので便利です。
湯船に浸かりながら、身体を温めて顔の毛穴を広がるのを待ちながら、同時進行で洗顔料を泡立てます。肌にダメージを与えないために洗顔ネットを使って、弾力のある泡を両手の平いっぱいに作ります。
泡がいっぱい出来ると湯船から上がって、優しく顔を泡で洗っていきます。
洗った後は、ぬるま湯で30秒ほど顔をゆすいで流し忘れが無いようにしています。
お風呂上がりには、すぐに化粧水を付けて、保湿クリームで顔の水分が蒸発しないように閉じ込めます。
寝る際は、クリームで枕が汚れないように綺麗なタオルを敷いてから寝ています。
以上が、毎日行っているスキンケアです。

香水のつけ方

20101126070516

香水といえば、学生から社会人までどこの世界にも使っている人はいると思います。
じぶんの体臭を気にしてエチケットとして使う人もいますが、それが逆効果になる場合も。。。
しかし、体のどこに香水をつけるか、もしくはどのようなシーンで香水をつけるかで効果的になると思います。
選び方としてはメンズ香水比較などで調べるといいです。
まず初めに体のどこに香水をつけるか
よく聞くのは、首元、手首など
しかしそれは匂いが強すぎる時もしばしば
一番効果的なのは腰元や膝の後ろ、くるぶしにつけるのがいいみたいです。
相手が心地よく感じるちょうどいい匂いになるそうです。
くるぶしにつけると自分では匂いがあまり感じられないため、香水の匂いを楽しみたいという人は、腰元に
つけるといいかもしれません。
そして次にどういうシーンで香水をつけるか
やはり年がら年中香水をつけるのは如何なものかと思います。
やはり、デートの時、パーティーの時などいいでしょう。
ビジネスで使うのはあまりにも危険です。相手が不快に感じ、仕事がうまく行かない可能性もあるので
仕事で使う際は本当に少量でいいでしょう。
以上、香水のつけ方、TPOについてでした。

有酸素運動で少しラクにダイエット

今回、私が昔から続けているダイエットについて記述したいと思います。
それは運動ですが、運動といっても、ゆっくりとした動作で行う有酸素運動を続けることでダイエットに繋げることができました。

 

1e26f1fdac74c4eac829a153583681d3_s

 

私がダイエットを本格的に始めるまでに運動を殆ど、やってきませんでした。

学校で一番嫌いな科目が体育だったぐらいです。

 

そのような運動を避けた生活を高校まで18年間続けた結果、大学1年生の身体測定で身長が158cm、体重が62.5kgとなってしまい、BMIが25と判定されました。

つまり肥満となってしまいました。

 

さすがに、この時はすごくショックでした。

肥満になったことは1度もなく、これまで家族の中で肥満になった人が誰もいなかったからです。

 
反省して、そこから本格的にダイエットをスタートさせました。

具体的には、学校終わりの夕方に、近くの河原をジョギングしたり、室内では教科書や新聞などの書物をスクワットをしながら読んだりする運動を行いました。

 

これらに共通するのは、どれもゆっくりとした動作で行う運動で、有酸素運動になるように意識し、最低30分は熟すようにしました。

こうすることにより脂肪が燃えやすくなるということをテレビなどで知っていたからです。

 
ゆっくりとした動作で行うので、苦しいことはなく運動嫌いだった私でも続けて行うことができ、1年後の身体測定では、そこから12kg近く痩せることができました。

 

リバウンドを避けるために、このような生活を大学を卒業するまで続け、社会人となった今でも、休日は有酸素運動を意識しながらジョギングをするなどして汗を流しております。

時間も学生自体の時よりも数分増やしております。

 

今はコンブチャクレンズの口コミを参考にしつつ、運動も継続して無理なく続けています。