タグ別アーカイブ: 成分

安全性は問題ない?リシリッチの全成分を調べた結果…

q15

「リシリッチの成分って安全?」

新しい商品を買う時って成分の安全性はやはり気になりますよね。

リシリッチは髪に着けるものですから、成分は特に気になるものだと思います。

「もしかしてリシリッチの成分は危険!?」

という疑問があったので実際にリシリッチの成分について調べてみました。

 

リシリッチの成分は安全?

まずこちらがリシリッチの全成分です。

水(特殊水)、ミリスチルアルコール、ステアラミドプロピルジメチルアミン、マルトデキストリン、PPG-3 カプリリルエーテル、PPG-52ブチル、γ-ドコサラクトン、セバシン酸ジエチル、アルガニアスピノサ核油、ウンデシレン酸グリセリル、オリーブ油、カプリル酸グリセリル、クエン酸、クエン酸Na、グリセリン、グレープフルーツ果皮油、オレンジ果皮油、ココイルアルギニンエチルPCA、サトウキビエキス、シア脂、ジカプリル酸PG、ヒドロキシプロピルシクロデキストリン、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、ダイマージリノール酸(フィトステリル/イソステアリル/セチル/ステアリル/ベヘニル)、ダイマージリノール酸ダイマージリノレイル、トリ(カプリル酸/カプリン酸)グリセリル、アブラナ種子油アミドプロピルエチルジモニウムエトサルフェート、クオタニウム-96、DPG、プロパンジオール、パルミチン酸イソプロピル、ブドウ種子エキス、トコフェロール、エタノール、PEG-40水添ヒマシ油、ヘキシルデカノール、ベヘニルアルコール、ホホバ種子油、ポリクオタニウム-72、ミリスチン酸、ミリスチン酸PPG-3ベンジルエーテル、リシリコンブエキス、ワサビノキ種子エキス、乳酸、BG、フェノキシエタノール、水添レシチン、コレステロール、セラミド3、キサンタンガム、ステアロイルグルタミン酸Na、エチルヘキサン酸セチル、パルミチン酸デキストリン、ツバキ種子油、スクワラン、マカデミアナッツ油、ヒマワリ種子油、ジメチロールプロピオン酸ヘキシル、加水分解ケラチン(羊毛)、加水分解シルク、加水分解コンキオリン、ユズ果実エキス、加水分解ヒアルロン酸、ヒアルロン酸ヒドロキシプロピルトリモニウム、加水分解ヒアルロン酸アルキル(C12-13) グリセリル、ローヤルゼリーエキス

高温といった外部起因より髪の毛をプロテクトする防衛スペックもしっかりしているに限定されることなく髪の毛お手入れ剤もきちんと盛り込まれており、なお一層それを踏まえて、日常使い感覚もサラサラ瑞々しい種類の商品ですからあれもこれも使えると考えています。

そのくせ、ノンシリコンというわけですすぎ流すことがシンプルってのもウリになると考えられます。

しかしながら、さすが十分なドライやトラブルの方としてはわずかに心もとないのではないかというふうにも感じます。

そんなわけですからこっちを活用して心もとないと感じれば、シリコンオイルやオーガニックオイル系統を利用した方がウェットな整い感は感じ取りやすいです。

けれどもシリコン系統の場合だとしてもオーガニック系統の場合だとしてもオイル系統を活用するのであれば、当日の夜間にがっつりシャンプーして、同じ日くっつけたオイル原料品をがっつり洗い流す。

というのを気を付けましょうね。

そんなわけで、相当な高負荷やかなりひどいドライヘアじゃないのだとすれば、「とりわけテストしてみることが当たり前なのはこちらのリシリッチと言えるのかな」と言って間違いないでしょう。

 

リシリッチを最安値で買うならどの通販がおすすめ?

リシリッチの成分について解説したところで、最後に通販情報を紹介します。

リシリッチはどこで買うのが一番お得なのか?

ということで、公式サイトでリシリッチを買うのがおすすめです。

価格面で一番安いのはもちろん、特典が付いてくるのは公式サイトだけです。

参考記事:リシリッチがお得な販売店は?公式・楽天・Amazonで価格を徹底比較!

公式サイトなら全額返金保証も付いてきますので、安心してリシリッチを買いたいなら公式サイトをおすすめします。

ということでリシリッチは公式サイトから購入してみてはいかがでしょうか?